新築の注文住宅は小さンながら和式の木造住宅、 

実は田舎から出てきて東京勤めとなり、住まいは首都圏で永らく夫婦でアパート生活もしていましたが、そろそろ家族も増えて一軒家の住宅が欲しくなり、イロイロと探し歩いた結果、念願かなってやっとの事でマイホームとやらを手に入れることができたのです。其の場所は新宿を起点とした私鉄の沿線で、小規模で狭いながらも先ずは住宅用の土地を購入し、其の後は数年の年月を経て何とか新築の木造の所謂、注文住宅とやらを建築する事ができたのでした。 最近は都会ぐらしの方はマンションぐらしに憧れているようですが、筆者自身は元々は秋田の方のはるか田舎に住んでいたので、どうしても鉄筋のマンションぐらしというのは馴染めず、やはり狭くても土の匂いや香りのする土地が欲しくなったのです。ところが、妻は元より川崎という都会育ちの女性でしたので、マンション暮らしでもいいようなことは言ってはいましたが、確かに、共稼ぎの我々には勤め先の関係もあって都内にも近く便利でいいのですが、私個人としては子供たちのこともあり、自然の中ですくすくとく育てたいという希望も有って、妻を納得させたのでした。