戸建て住宅の付属工事はお金が掛かる。

家を建てる上で、門扉やヘイ、駐車場の工事や庭の工事などは基本的に付属工事として扱われることを知りました。家を建てる前にその事を知っていたので、対策を取る事ができました。門扉や玄関までのアプローチの工事を予算に入れておらず、家が完成しても、なかなか門やヘイが完成しない家をたまに見かけますが、予算の計算をしておらず、お金の工面が出来たら、後でやるしかないという状態になり、放置してしまうケースが多いそうなのですが、近しい友人の家の門扉や玄関アプローチが完成しないのは、そのせいなのだと言う事が分りました。我が家は幸い、その仕組みを知ることができたので、家の完成に合わせて、付属工事をしてもらったので、ほぼ同時に門扉やへいを完成したので、家が出来た時に親類などにお披露目をしましたが、とても見栄えが良かったです。また、ベランダの屋根などの付属工事の一部になるので、その予算も最初に組むことがでできました。ベラダンに部屋をつけるつけないは賛否が分かれますが、我が家は屋根をつけて良かったと感じています。